スポンサーリンク

この名曲を聴け!(東村山音頭/三橋美智也・下谷二三子)

 

1963年(昭和38年)、東京都東村山市(旧北多摩郡東村山町)の市制施行を記念し、東村山町農業協同組合(現在の東京みらい農業協同組合)が東村山町役場の協賛を得てレコード発売した音頭である。

 

歌はキングレコード専属の歌手三橋美智也(!)・下谷二三子・春日八郎・大津美子を起用し、振り付けは日本舞踊家花柳徳兵衛が担当した。

 

東京郊外の小さな町でこれほどの企画が実現できた背景には、パン食の普及で当時需要が急増していた小麦の出荷により東村山町農協に莫大な収益があったためであるといわれる。

 

 

『志村けん』バージョン

 

1976年(昭和51年)、東村山市出身の志村けんが、ザ・ドリフターズの一員として出演していたTBS系のバラエティ番組『8時だョ!全員集合』での名物コーナー「少年少女合唱隊」にて『東村山音頭』をリメイクし披露、好評を博した。

 

オリジナルの『東村山音頭』とは歌詞・メロディともに異なり、実在しない「東村山4丁目」「3丁目」「1丁目」の歌がある。

 

「4丁目」は正調に近い形だが、それ以降が独自に加えられており、「3丁目」はいかりや長介が作詞・作曲、1丁目は志村けんが作詞・作曲した。丁目の数字が小さくなるほどメロディ・歌詞ともにコミカル、スピーディーな内容になる。

「東村山2丁目」という歌詞がないことについて後年志村は「語呂が悪く、ギャグのテンポがずれるから」と説明している。また自身の著書『変なおじさん』では「作る時間がなかった」とも語っている。

 

『東村山音頭』を「全員集合」で披露する事になった理由については、いかりやが著書『だめだこりゃ』で「『全員集合』のネタ作り会議の合間にメンバーで将棋を指していた際に、志村が得体の知れない歌(=オリジナルの東村山音頭)を歌いながら指すことがよくあり、将棋が優勢になるとその歌が口をついて出てくる」ことから、いっそそれをネタとして使ってしまおうとなったことがきっかけであると明かしている。

 

志村はこの曲により「東村山市の知名度を高めた」功績が認められ、当時の東村山市長から感謝状が授与された(!)

 

 

これが『正調・東村山音頭』だ!

 

「東村山音頭」 下谷二三子

コメント

タイトルとURLをコピーしました