スポンサーリンク

リンパ節腫脹(腫大)へのアプローチ

部位記載

・全身性

・後頚部

・耳介部

・前頚部

・顎下

・鎖骨上窩(1%程度):胸腔、腹腔悪性腫瘍、SLE→みたら精査必要

・Virchow(左鎖骨上窩リンパ節)

・腋窩:上肢感染症、乳がん

・鼠径

 

原因’’MIAMI’’

M:malignancy

悪性リンパ腫、ATL、急性白血病、転移性癌、Kaposi肉腫、皮膚癌

 

I:infection

CVM、EBV、HIV、HTLV-1、野兎病、ブルセラ症、風疹、猫ひっかき病、結核、梅毒、腸チフス、ウイルス肝炎、咽頭炎、化膿性リンパ節炎

 

A:autoimmune

SLE、関節リウマチ、成人Still病、シェーグレン症候群、皮膚筋炎

 

M:miscellaneous

サルコイドーシス、亜急性甲状腺炎、Castleman病、川崎病、菊池病、木村病

 

I:Iatrogenic

メトトレキサート、免疫抑制剤、金製剤、フェニトイン、カルバマゼピン、タクロリムス、アロプリノール、ペニシリン

 

検査

血算

リンパ球増加:

・伝染性単核球症

・HIV急性感染

・トキソプラズマ

・結核

・CMV

・慢性リンパ性白血病

・リンパ腫白血化

 

好中球増加:

・感染症

 

白血球減少

・ウイルス感染症

・SLE

・血球貪食症候群

 

貧血(MCV低値)

・消化管出血、性器出血による鉄欠乏→悪性腫瘍

 

貧血(MCV正常)

・急性出血

・悪性リンパ腫の骨髄浸潤

・血球貪食症候群

 

血小板増加

・鉄欠乏

・炎症

 

血小板減少

・骨髄機能不全

・肝不全

・重症感染症や自己免疫疾患によるDIC

・TTP

 

生化学

Alb/グロブリン比(A/G比):正常>1

A/G比=Alb / (TPーAlb):正常>1

 

1以下の場合

・悪性リンパ腫

・多発性骨髄腫による高γグロブリン血症

・低栄養、悪性腫瘍による低Alb血症

 

1を大きく上回る場合

・低γグロブリン血症

 

尿酸

・増加:悪性腫瘍、特に急性白血病、悪性リンパ腫

 

LDH上昇:

・急性白血病

・悪性リンパ腫

→LDH高値のリンパ節腫脹では緊急性の高い疾患が考えられるため、直ちに専門医へコンサルトすること

 

血清Ca高値

・ATL

・多発性骨髄腫

 

CRP

・炎症でも悪性腫瘍でも高値となる

・正常であっても低悪性度リンパ腫を否定できない

 

可溶性IL-2レセプター

・炎症反応でも上昇するため、悪性リンパ腫の鑑別には使用できない

・あきまで悪性リンパ腫の経過観察に持ちる指標である

 

画像検査

・全身のCTが推奨

・生検

 

コンサルトの適応

全身状態が良好で局所の感染症が疑われる症例では、1週間程度の経過観察も許容される。

しかし以下の場合は専門医へ躊躇なくコンサルトする

1)リンパ節腫大が消退しない

2)主訴の対側、あるいは横隔膜を隔てて上下にもリンパ節を触知する

3)脾腫を認める

4)血算で異常

5)電解質異常(腫瘍崩壊症候群:高K、高P、高尿酸血症)

6)高尿酸血症を伴う

7)LDHが高い

 

 

 

medicina(メディチーナ) 2019年 増刊号 特集 一人でも慌てない! 「こんなときどうする?」の処方箋85
 

 

 

血液
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました