スポンサーリンク

一過性全健忘(transient global amnesia)

疾患

・一時的に記憶障害が起こる病気で、新たに記憶が構築されないこと(前向性)を特徴とする。

・原因は不明

・50〜70歳代の女性に多い(40歳未満で発生することはまれ)

・順行性健忘で、発症以前の記憶は保持されるため、名前や住所などの質問には回答可能

・発作中は同じことを繰り返し質問します。

・認知機能障害もないため、物品使用可能

・発作は24時間以内に消失する

 

治療・予後

・特定の治療はなく、予後は良好

・再発率は15~30%(1年再発率は6~10%)

・繰り返す場合は痙攣との鑑別を再考すること

 

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

脳神経系
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました