スポンサーリンク

作業管理

作業管理とは

「作業に基づく疾病の防止や、健康に不利な作業条件からの労働者の保護、作業環境を改善し快適な職場環境を形成し、仕事を人に適応させる」という産業保健の目標を実現するために、作業、姿勢、人の特性などの評価と分析を通じた作業方法の改善や労働負荷対策、さらに保護具の管理と適正使用を行うこと」

「作業者個人に対して、作業負荷の軽減、有害因子の曝露量を管理する」

 

作業管理の種類

① 作業方法の改善

・作業方法・作業姿勢の改善

② 作業時間、労働時間の適正化

・過重労働時間の削減、連続作業、有害業務の作業時間

・交代勤務、夜勤労働者(睡眠等生活リズムに関する保健指導、シフトに関する助言、基礎疾患を持つ者の管理)

③ 個人保護具の適正な使用

 

作業方法の改善や労働負荷対策

① 作業空間・作業面の管理

・不要な人や物の移動をできるだけ少なくしたうえで作業するのに十分な広さが確保

・作業面の高さや広さは、作業内容や作業者に合わせて決定する

 

② 作業姿勢の管理と改善

・OWAS(Ovako Working Posture Analysing System)

 

③ 作業強度と頻度

 

④ 労働時間・作業時間の適正化

・睡眠時間の確保

6時間未満の睡眠で脳心血管疾患リスクが2倍以上

7時間睡眠が最も死亡率が低い

 

⑤ 機器や設備など

 

 

労働衛生保護具の管理と適正使用

保護具の適正な使用

・有害環境、有害作業の改善には、まず作業環境管理による対策を行うことが原則

・環境改善が困難な場合などに保護具が作業者を危険有害因子から守る最後の手段

 

 

 

産業医
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました