スポンサーリンク

前立腺炎(急性細菌性前立腺炎)

症状

・多くは突然発症する

・ほとんどは基礎疾患を認めない人に発症する

・発熱(高熱)、寒気、尿混濁、頻尿、排尿時痛など

・大腸菌が最多(58~88%)、若年者では淋菌やクラミジアなどの性感染症も考慮する必要あり

・直腸診にて腫大した軟らかい前立腺を触知し圧痛を認める

・強く触診することは患者の苦痛を増すだけでなく、菌血症を誘発する恐れもあるため注意を要する

・前立腺に波動を触れた場合は膿瘍形成を疑い、画像検査を行う必要がある

 

検査

・尿培養

・菌血症が疑われる場合は血培

 

 

抗菌薬選択

・組織移行性を考え、ST合剤またはキノロン

・6~8週間と長期内服が必要

バクタ 4T 2×

クラビット(500) 1日1回

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

救急感染泌尿器科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました