スポンサーリンク

小説(フィクション)を読もう!

 

小説(フィクション)を読むことの重要性

読書は様々な効果があることが分かっています。

具体的には、教養や知識が身に付いたり、語彙力、文章力が養われる効果もあります。

 

あの天才子役・芦田愛菜さんは大の読書好きとして有名ですね。

 

まなの本棚
芦田 愛菜 (著)

 

 

 

 

 

小説(フィクション)を読むことの意味

読書といっても、社会人、ビジネスパーソンにとっては、すぐに仕事に直結する実用書などがメインになりがちかと思われます。

Dr,Gawasoも正直いって、読書のほとんどは医学関連書や購読している医学雑誌がほとんどでした。

 

「小説やフィクションは、面白いけど、すぐに役に立つ感じじゃないし、結局は作家の創造の産物だから・・・」と、あまり積極的に読む感じではあませんでした。

 

しかし、小説(フィクション)を読むことは、大変重要な意義、効果があるのです!

フィクション分野の読書が他者に共感したり、他者の心を類推し、理解する能力を高めることがわかりました。またフィクションを読む人は話し相手が多かった、という結果も出でいます。

Raymond A Mar,Keith Oatley.Exploring the link between reading fiction and empathy: Ruling out individual differences and examining outcomes.Communications 34:407-428

Just a moment...

 

社会人として、実践的な知識や教養も大事ですが、共感力を養うことも大事ですよね!

 

Dr.Gawasoおススメの小説の選び方

「これといって好きな作家がいるわけでもないし、読みたい本があるわけでもないし・・」という方も多いと思います。

手っ取り早くは、売れ筋の中から、「これ面白そう」とピンときた本を取り敢えず読んでみるものいいでしょう。

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 日本文学 の中で最も人気のある商品です
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 日本文学 の中で最も人気のある商品です

 

ちなみに先の研究では、「ノンフィクション」を多く読んでいる人は、孤独感とストレスを感じやすかった」との結果がでたとのことです。

 

こんな本ばかり読んでいるDr.Gawasoは、マジやばいでしょうか!?

工藤會事件  村山 治 (著)

 

 

 

 

 

 

「仁義なき戦い」 悪の金言 平成仁義ビジネス研究所 (編集)
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました