スポンサーリンク

心電図RR間隔(自律神経機能検査)

参照(このサイトより引用):https://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000390.html

 

 

・洞調律の心拍は生理的な呼吸不整脈による“ゆらぎ”が存在する。

・この“ゆらぎ”は脳幹から、迷走神経心臓枝を経由する副交感神経により生じる。

・心拍数変動は自律神経の障害があると少なくなるため、心電図の検査を利用してこの心拍数変動を測定し、自律神経の機能の障害を調べることが出来ます。

・CVR-Rは心電図を用いて、連続する心拍数の心電図R-R間隔を集計し、そのR-R間隔値を標準偏差/平均R-R間隔×100(%)によって求める。

・心拍数は100回であったり1分間であったり施設によって設定する。

 

リハビリテーション
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました