スポンサーリンク

膝半月板損傷

McMurray テスト

・膝を最大屈曲位にし、内外関節裂隙に手指を当てて、最大屈曲

・その状態で下腿を回旋、疼痛やクリックが触知したら陽性(半月板の後方の損傷)

・その他、膝屈曲で下腿を内旋、外旋し、その状態で膝を伸展。途中でクリック、疼痛を誘発してもよい

 

Apley(アプレイ)テスト

 

・患者を腹臥位で膝関節90°屈曲位

・足部を押さえて膝を圧迫しながら下腿を回旋させる。

患側の関節裂隙に疼痛が誘発される(grinding test)。

・次いで、大腿部を検者の膝で固定して患者の下腿を上方に引っ張り上げて内外旋した場合、疼痛が軽減または消失した場合、半月板損傷を疑う。増悪した場合は靱帯損傷を疑う。

 

 

 

リハビリテーション
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました