スポンサーリンク

我が郷土の誇り  鳥居三十郎

鳥居 三十郎(とりい さんじゅうろう、諱は和祚(まさよし)、1841年10月 – 1869年8月2日)は、越後村上藩の家老。

戊辰戦争時には村上藩最年少の家老であり、奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と戦う。戦後、村上藩の責任を一身に背負って切腹。

 

我が郷土の誇り。

 

 

 

 

コラム
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.がわそのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました