スポンサーリンク

A-DROPとCURB-65

・A-DROP、CURB-65はいずれも『市中肺炎』(CAP:community-aquired pneumonia)の重症度分類である。

「成人肺炎診療ガイドライン」では「A-DROP」が推奨されている。

 

A-DROP

・CURB-65を参考に、日本呼吸器学会が日本人向けにアレンジした日本オリジナルの評価基準

A:age:男性≧70歳,女性≧75歳
D:dehydration:BUN≧21mg/dl、または診察上脱水あり
R:respiration:SpO2≦90%(PaO2 ≦60Torr)
O:Orientation:意識障害
P:pressure:収縮期血圧≦90mmHg

という5因子で評価、各1点

0点:軽症(外来治療可)
1~2点:中等症(外来、または入院)
3点以上:重症(入院)
4~5点:超重症(ICU管理)

 

CURB-65

・英国胸部学会が作成した指標。

C:Confusion:意識障害
U:Uremia:尿毒症(BUN≧20㎎/dL)
R:Respiratory rate(呼吸数):≧30回/分
B:low Blood pressure(低血圧):収縮期血圧<90mmHgあるいは拡張期<60mmHg
65:65歳以上

と5つのパラメータで評価、各1点
・3点以上場合の予後は悪いとされている(入院必要)

 

 

ガイドラインは日本呼吸器学会の直販のみ(怒!)
成人肺炎診療ガイドライン2017

 

救急呼吸器
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました