スポンサーリンク

脊椎運動制限(頚椎保護)の適応(JPTEC)

下記に該当する場合には、否定できるまで頸椎保護を継続

① 脊椎・脊髄損傷の可能性がある受傷機転

・高速の自動車事故
・高所からの墜落事故(身長の3倍以上の高さ)
・飛び込みによる受傷
・脊椎周辺の穿通創
・頭頸部へのスポーツ外傷

 

② 脊椎、脊髄損傷を疑うべき所見

・頚部、背部の疼痛や圧痛
・対麻痺、四肢麻痺などの神経学的異常
・頭部、顔面の高度な損傷
・意識消失の病歴

 

③ 正確な所見が得られない傷病者

・事故や受傷による精神的動揺がある
・意識障害
・アルコール、薬物の摂取、中毒
・身体部位のいずれかに強い痛みを訴える

 

頸椎カラー除去(頸椎クリアランス)の手順

※ 頸椎CT(頸椎X線ではなくなった)と、信頼できる神経所見が取れるかがカギとなる

※ 意識障害があっても頚部CTが正常なら、頸椎カラー除去可

※ 神経所見があれば頸椎CTが正常でも頚部MRIが必要

1)診察上、異常がない場合

・頸椎可動域良好

・正中項部圧痛、疼痛なし

・神経局在所見なし

・脊柱変形なし

画像所見不要、頸椎カラー除去可

 

2)診察上、異常がある場合

頸椎CT施行

骨折あり:整形外科コンサルト

骨折なし:頚部MRIへ

 

 

 

 

 

 

改訂第2版補訂版 JPTECガイドブック
定価 3,850円(税込)
編著:一般社団法人JPTEC協議会
発行年月:2020年01月
 

 

 

改訂第6版 外傷初期診療ガイドラインJATEC
定価 16,500円(税込)
監修:一般社団法人 日本外傷学会
監修:一般社団法人 日本救急医学会
編集:日本外傷学会外傷初期診療ガイドライン改訂第6版編集委員会
発行年月:2021年02月

救急整形外科・外傷
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました