スポンサーリンク

水平半規管型BPPV ( supine roll test )

水平半規管型BPPV

・水平半規管型はBPPVの30%を占める

・外側半規管は水平ではなく、やや前上に30°傾いている

→枕をして頭を30°上げると地面に垂直になって耳石が動かしやすくなる

supine roll test

仰臥位で顔を90°横向きに向ける

① 浮遊結石による水平半規管型BPPV
・左右とも、床向きに眼振が出現(Geotropic type :向地性⽔平半規管型BPPV)
・横向き頭位で眼振、症状が強い時に下にある方(または30°前屈位で眼振が向かう方)患側
(「geotropicはgreat(強い)方が患側」と覚える)

 

② クプラ結⽯症による水平半規管型BPPV

・左右とも、天井向きに眼振が出現(Apogeotropic type :背地性⽔平半規管型BPPV)

・横向き頭位で眼振、症状が弱い時に下にある方(または30°前屈位で眼振が向かわない方患側

(「apogeotropicはambiguous(曖昧、弱い)方が患側」と覚える)

※潜時がなく、持続時間が長い

※ 背地性は難治性

※ 背地性は中枢性の可能性もあり

 

⽔平半規管型BPPVに 対する⽿⽯置換法(Gufoni法)

1.)眼振が弱い⽅の向き(向地性なら健側、背地性なら患側)へ倒れて2分

2.)向地性なら45°床側、背地性なら45°天井向き(つまり眼振の向き)に顔を向け、2分

3.)その後、座位に戻る
(1時間以内の改善率 1回で改善 48.4% 2回以内で改善 60.9%)

 

 

 

レジデントノート 2020年5月 Vol.22 No.3 輸液ドリル〜実践に役立つ基本がわかる問題集

救急耳鼻科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました