スポンサーリンク

この名曲を聴け!(春なのに / 中島みゆき)

中島みゆき作詞・作曲。

 

柏原芳恵の12枚目のシングルとして提供、1983年1月11日にフィリップス・レコードから発売。

柏原は書籍『恋人模様』で「芳恵が選んだシングルA面曲ベスト5」の1位にこの曲を挙げている。

 

今上天皇が皇太子徳仁親王時代、好きな曲としてこの曲を上げており、柏原のコンサートに出席し、コンサート終了後に柏原と初対面ている。

 

 

作者の中島みゆき自身もセルフカバー・カバーし、1989年にリリースのアルバム「回帰熱」収録。

 

 

名曲。

 

 

作詞・作曲 中島みゆき

 

卒業だけが理由でしょうか
会えなくなるねと 右手を出して
さみしくなるよ それだけですか
むこうで友だち 呼んでますね

 

流れる季節たちを
微笑みで送りたいけれど
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

 

卒業しても 白い喫茶店
今までどおりに会えますねと
君の話はなんだったのと
きかれるまでは 言う気でした

 

記念にください ボタンをひとつ
青い空に捨てます
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

 

記念にください ボタンをひとつ
青い空に捨てます
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました