スポンサーリンク

第3世代セフェム

特徴

・髄液移行性あり
・セフトリアキソン(CTRX)、セフォタキシム(CTX)には緑膿菌カバーなし
・嫌気性菌のカバーは弱い

 

薬品名

セフトリアキソン(CTRX):ロセフィン®

・肝代謝のため、腎機能による用量調整が不要
・嫌気性菌カバーは弱い(横隔膜上の嫌気性菌には効くこともある)
・BLNARをカバーする

セフォタキシム(CTX):セフォタックス®

・腎排泄

 

セフタジジム(CAZ):モダシン®

・緑膿菌カバーあり
・しかしグラム陽性菌にはほとんど効かない

(→緑膿菌以外、有用性なし)
感染
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました