スポンサーリンク

しくじり先生よりー良き医師になるために、若手医師へのアドバイス。

1.
医師になった始めの数年間の過ごし方で、その後の医師人生が決まると思います。

確かに研修は身体的、精神的に辛いと思いますが、その後の長い医師人生(80歳まで務めるとすれば約50年もある!)から見れば、辛いのはほんの一瞬。

ここでめげてdrop outしたりしないで、研修プログラムに付いていけば、その後はautomaticに一人前の医師になれます!

 

2.
研修病院で早いうちに重症患者管理、最先端医療をできるだけ経験しておく。

そうすれば、あとは普通の市中病院に出ても怖いものなし、です。

 

3.
自分の担当患者だけでなく、担当外の患者の診療も見学したり、救急室に出入りしてできるだけ多くの症例を経験する(ぼっと見学するのではなく、「自分だったらどうするか」考えながら見学する)。

特に小児科、眼科、耳鼻科救急を経験できることは僥倖です。

 

4.
好きこそ物の上手なれ。医学、医療を学ぶことに楽しみを見出せるかが鍵。

そして、どれだけ長時間病院に入り浸れるか。

この気力が無いと研修を乗り越えるにはつらいところがあるかも(私はかなり辛かった・・・)

 

5.
閉じこもらない。できるだけonの時間を作る。

どんな偉い先生も、教授も学長も皆1日は同じ24時間。

長い年月に亘ると経験、職歴の差となって効果が現れます。

 

6.
家庭医療、総合診療を目指すにしても、やはり何か一つはspecialityがあった方がいいんじゃないかなあ、と思います(何か内科の臓器別専門医が一つあれば最強と思います)。

 

7.
遊ぶなら今のうち、20代が人生の花(ただし違法なことはしないこと)。

時間はあっという間に過ぎさって行きます。後悔先に立たず。

そして結婚したら自分の時間はなくなり、楽しいことはできなくなります。

 

8.
若いうちから貯蓄、投資を始めること。手取り収入の25%は貯蓄と投資に充てる。

インデックスファンドを毎月コツコツ定期購入し、複利で運用する。

目指せFIRE(Financial Independence Retire Early)!

 

9.
やっぱり医師であるからには、私のように傍流、裏道街道ではなく、主流になるのが一番。

目指せカリスマ医師!!

 

しくじり先生 俺みたいになるな!! 第1巻 【Blu-ray】 [ 若林正恭 ]しくじり先生 俺みたいになるな!! 第1巻 【Blu-ray】 [ 若林正恭 ]

コラム
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました