スポンサーリンク

副腎不全

分類

1)原発性:副腎自体の異常

・原因として自己免疫性(7~8割)、結核性、悪性腫瘍の副腎転移、副腎出血・梗塞

・自己免疫性のなかでは多腺性機能不全症候群が多い

・色素沈着を来す

 

2)2次性:下垂体機能低下

・好発年齢は60歳代

・下垂体腫瘍、下垂体炎(原因としてリンパ球性下垂体炎、自己免疫性下垂体炎、IgG4関連下垂体炎、肉芽腫性、壊死性など)、放射線療法後、髄膜炎後、頭部外傷後、シーハン症候群など

 

3)3次性:視床下部機能低下

 

 

疑う所見、症状

※ 副腎不全の症状は非特異的症状が多い「意欲の低下」「食欲低下」など、不定愁訴では必ず疑うべきである(一見うつ病や認知症に見えることがある)

 

・倦怠感、意識障害

・うつ、気力低下(20~40%)

・食欲低下、体重減少

・低血圧

・徐脈

・低血糖(2次性(原発性では正常)

・低Na血症(90%)

・高カリウム(1次性で65%、2次性ではなし)

・消化器症状(腹痛(急性の場合)、嘔吐、下痢)(90%)

・副腎疾患の既往、ステロイド内服歴

・色素沈着(1次性)

 

検査

一般採血検査

・好酸球増多(感度20~30%)
・原発性では低Na、高K血症(感度20~30%)

スクリーニング検査

1)早朝コルチゾール、ACTH
・夜間絶食後、朝8~9時に採血。
・非ストレス刺激下で,早朝コルチゾール値が
 4μg/dL未満であれば副腎不全の可能性が高い
 4μg/dL以上18μg/dL未満では副腎不全を否定できない(→rapid ACTHへ)
 18μg/dL以上であれば副腎不全は否定的(正常)
・副腎抑制状態で、かつ
ACTH>100pg/mLなら原発性
ACTH正常~低下なら2次性もしくは3次性
と判断する。
・コルチゾール4.0~18.0μg/dLでは判断困難として迅速ACTH負荷試験を行う。
2)迅速ACTH負荷試験
・原発性の判断に使用(2次性は感度が低く除外できない)
コートロシン®(テトラコサクチド)250μg静注で、負荷後30~60分のコルチゾール値の頂値が,①18μg/dL≧で副腎不全は否定的
②18μg/dL未満で副腎不全は否定できない
③15μg/dL未満は原発性副腎不全の可能性が高い。
3)2次性(下垂体性)の検査
・メチラポン試験
・CRH負荷試験

画像検査

・造影下垂体MRI、頭部MRI

治療

・ヒドロコルチゾン(コートリル®)

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

内分泌・代謝
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました