スポンサーリンク

便潜血検査

便潜血検査陽性はTreitz靱帯より下部の出血

Treitz靱帯より口側の上部消化管出血は検出されない(上部消化管からの出血の際には、消化液のために変性して検出し難くなるため)

 

 

検査推奨

・基本は「免疫法」「2日法」「スティック法」

・40歳以上は年一回必要

・便潜血陽性のとき再度便潜血検査を行うことは意味なし。

・2回のうち1回でも陽性の時はCFを勧める。

 

感度(大腸がん患者のうち便潜血検査が陽性となる頻度)

・上皮内癌(m)50%

・粘膜下層浸潤癌70%

・進行がん 85%

→ mがんは約半数が見逃される恐れあり(偽陰性)

陽性的中率(検査結果が陽性と出た人のうち、真に疾患を有している人の割合)

4~8.7%

「便潜血検査で陽性だった人の中で、20人に一人で実際に癌が見つかる」と説明する

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました