スポンサーリンク

簡易嚥下機能評価

反復唾液嚥下テスト(Repetitive saliva swallowing test:RSST)

・口腔内を湿らせた後、空嚥下を30秒間繰り返し、「2回以下」を陽性(→嚥下障害あり)

 

改訂水飲みテスト

・氷水3ml(原法では30ml)嚥下させ、5点(正常)~1点の5段階評価する

・舌背に注ぐと咽頭に流れ込む危険性が高くなるため、口腔底に注ぐこと。

評定

1点:嚥下なし、むせる and/or 呼吸切迫

2点:嚥下あり、呼吸切迫

3点:嚥下あり、呼吸良好、むせるand/or 湿性嗄声

4点:嚥下あり、呼吸良好、むせなし

5点:4点に加え、反復嚥下が30秒以内に2回可能

診察・検査脳神経系
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました