スポンサーリンク

この名曲を聴け!(We Meet the World with Love / 東京ディズニーランドアトラクション「ミート・ザ・ワールド (Meet The World)」テーマ曲)

東京ディズニーランド開園当時(1983年4月15日)から存在していたアトラクション『ミート・ザ・ワールド (Meet The World)』のテーマ曲。

 

『ミート・ザ・ワールド』は、実写映像とアニメーション映像、そしてロボット(オーディオ・アニマトロニクス)が日本の歴史の物語を演じた、劇場型アトラクション。

フロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート (WDW) のマジック・キングダムにあるアトラクション「カルーセル・オブ・プログレス (Walt Disney’s Carousel of Progress) 」の演目を、日本の歴史に変更したもので、本来はWDWにあるエプコットの「ワールド・ショーケース」にある日本館に設置するために開発されていたものである。

円筒形の建物に4つの舞台が設置され、場面転換にはそれぞれの舞台の正面に観客席が回転する仕組みになっていた。

 

ちなみに、このアトラクションは開園から一時期、松下電器産業(現:パナソニック)(看板には「National Panasonic」と並記されていた)がスポンサーとして付いていた。
これは、創業者である松下幸之助が、ウォルト・ディズニーの思想やディズニーランドの経営に強い興味を持っていたためであった。

そして、WDWのマジック・キングダムにある「The Hall of Presidents」がアメリカの歴史を紹介しているように、ぜひ松下電器の提供で、日本の歴史を紹介するようなアトラクションを建設したい、との意向から、このアトラクションを建設させた経緯がある。

 

道をひらく 
松下 幸之助

 

 

 

 

アトラクションの出口付近に「未来の日本」として、未来の発展した日本の生活がバーチャルハウスのような形式で展示されていたり、ミート・ザ・ワールドが無料(厳密に言えば『パスポート・アトラクション券が不要』)だったりしたのも、松下幸之助による強い意向だったといわれている。
その後、松下電器は「スター・ツアーズ」のスポンサーとなり、ミート・ザ・ワールドのスポンサーから降板。それと同時に「未来の日本」も撤去された。

 

2002年6月30日終了。最終日の最終回では、ゲストの要望により異例の2回連続での上映となった。

 

その後、建物は抽選会場として使われたが、2007年頃に解体された。

現在、このアトラクションが存在していた位置には2009年4月15日より運営が開始されたアトラクション『モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”』が存在している。

 

【あらすじ】
浜辺で日本の地形の成り立ちについて少女(妹)に説明する少年(兄)。
少女は兄を物知りであると感心する一方、妹は『大昔の人々はどのような生活をしていたのか』と素朴な疑問を投げ掛ける。突然の質問に少年が答えに窮していると、そこに鶴が現れて…。
登場する時代区分については、縄文時代から現代・未来までと幅広い(純粋に過去の出来事として扱われたのは明治維新辺りまで)。
日本の歴史を紹介する中でも、特にアトラクションの名に相応しく海外との交わりについて取り扱われているものが多かった(遣唐使、大仏開眼、鉄砲・キリスト教伝来、鎖国など)。
一部、ペリー来航の際に史実とは異なる大砲の発射を差し控えるようにとの命令を下す描写や、第二次世界大戦についての説明の省略など、大元のアメリカに配慮したとみられる箇所がある。
年齢・没年などから、実際には有り得なかった坂本龍馬・福澤諭吉・伊藤博文の三者鼎談において、三者が日本の行き先について語り合っていた場面は有名である。

「道をひらく」で松下幸之助氏が著した「日本の明るい未来」「世界平和」としった主張がしっかりと込められたストーリー。

さらに、オーディオアニマトロ二クスの質の高さや音楽の素晴らしさは格別。
特にテーマソングは本当に素晴らしいものであった。
それもそのはず、音楽を担当したのは、なんとあのシャーマン兄弟、
”It’s a Small World” の作曲者である。

 

【英語版歌詞】
Born from the Great Mother Sea,
The outside world was a dark mystery.
We lived on our islands alone,
‘Til our first brave sailors explored the unknown.

 

Reaching out, friendly hands, to meet the world around us.
Friendly people of Japan, to meet the world with love.
We meet the world with love! We meet the world with love!
Reaching out, friendly hands, we meet the world with love!

 

Japan turned away from the west,
Our ancient readers decreeded so fast.
And so from within us we prove,
Of philosophy, culture, and art that was new.

 

Samurai, haikus, and kapunio, and sumo.
Like the cherry blossom tree, our culture came to bloom.
Philosophy, and art, our theatre plays it part.
For three centuries, our culture came to bloom.

 

Time and the tides open doors.
Once more, we welcome the West to our shores.
We shared, and we learned, and we grew.
Our recognized, modernized world had come true.

 

Japan of today leads the way,
Dynamic dreams and great hopes on display.
And each year, our efforts increase.
For we know the world over with friendship and peace.

 

Reaching out, friendly hands, to meet the world around us.
Friendly people of Japan, to meet the world with love.
We meet the world with love! We meet the world with love!
Reaching out, friendly hands, we meet the world with love!

 

日本語の歌詞よりもJapanを強調した歌詞になっていたり、ところどころ相違する部分はありますが、さびの部分はほぼ同じ。

’It’s a Small World ’同様、世界の平和を願うような思いが込められています。

 

【日本語版歌詞】

すべての人が 笑顔絶やすことない
平和な未来を 築くのさ世界の友達と
手と手重ね 出会うのさ世界の人々と

愛を胸に

We meet the World with love
We meet the World with love
愛を胸に

We meet the World with love

 

Composer  Lyricist: Richard M. Sherman
Composer  Lyricist: Robert B. Sherman

 

 

↓ 現在に至るディズニーリゾートの繁栄の礎に興味がある方は必読!

コメント

タイトルとURLをコピーしました