スポンサーリンク

この名曲を聴け!(恋人よ/五輪真弓)

1980年8月21日に発売された五輪真弓の通算18枚目のシングルである。五輪のシングルでは最大のヒット曲となり、現在も五輪の代表曲とされている。
本作はオリコンチャート週間1位を獲得し(五輪のシングルでは唯一)、100位内には35週間ランクインした。この曲のヒットにより、1980年の『第31回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしている。

名曲のためカバーも多いが、魂を揺さぶる淡谷先生バージョンで。

作詞・作曲:五輪真弓、編曲:船山基紀

枯葉散る夕暮れは
来る日の寒さをものがたり
雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない
恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ
そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい

砂利路を駆け足で
マラソン人が行き過ぎる
まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている
恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど
あの日の二人 宵の流れ星
光っては消える 無情の夢よ

恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ
そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました