スポンサーリンク

この名曲を聴け!(一番星ブルース/菅原文太・愛川欽也)

1975年(昭和50年)から1979年(昭和54年)にかけて東映の製作・配給で公開された、日本映画のシリーズ「トラック野郎」主題歌。

全10作中、第8作『一番星北へ帰る』を除いた9作品でオープニングとエンディングに使用された。

 

特に第1作のオープニングだけで使われたシンプルバージョンは出色。

 

唄:菅原文太・愛川欽也、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

 

男の旅は 一人旅
女の道は 帰り道
しょせん通わぬ道だけど
惚れたはれたが交差点
あ~あ~一番星 空から
俺の心を見てるだろう

 

もののはずみで 生まれつき
もののはずみで 生きてきた
そんなセリフの裏にある
心のからくり落とし穴
あ~あ~一番星 出る頃は
俺の心に波が立つ

 

ガキの頃なら願かける
そんな習慣(ならい)もあったけど
今じゃ行く末見るような
星の流れのはかなさよ
あ~あ~一番星 消えるたび
俺の心が寒くなる

 

あ~あ~一番星 消えるたび
俺の心が寒くなる

 


宇崎竜童(ダウンタウン・ブギウギバンド)によるセルフカバー

コメント

タイトルとURLをコピーしました