スポンサーリンク

輸入感染症

厚生労働省検疫所サイト:FORTH

 

FORTH|厚生労働省検疫所
厚生労働省検疫所 海外で健康にお過ごしいただくための情報サイト「FORTH」

・どの国でどんな感染症が流行しているのか把握

・同じ国の中でも流行地があるため、地域(都市部、地方)まで聴取することが必要

・現地の食生活(飲水を含む)、山歩き、川遊び、野生(蚊、虫、動物)との接触、現地の流行疾患、性交渉歴、ワクチン接種歴、潜伏期間に注目する。

 

東南アジアからの帰国者の発熱で想定すべき感染症

下記5つ
・マラリア
・デング熱
・レプトスピラ症
・腸チフス
・リケッチア症

 

潜伏期からの鑑別

<10日:

インフルエンザ

デング熱

チクングニア熱

レプトスピラ症

リケッチア症

ウイルス性出血熱(ラッサ熱、エボラ熱)

 

11~21日:

マラリア

腸チフス

レプトスピラ症

リケッチア症

 

>30日:

マラリア

アメーバ赤痢

急性ウイルス肝炎

結核

HIV感染症

 

 

 

 

感染
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました