スポンサーリンク

ラジオの思いで

聞き始めたのは中2か3になった頃から。同級生の影響。

大阪の「MBSヤングタウン」(なぜか)。

電波の悪い中聴いた(彼らはどこで知ったのだろうか?)

 

その後は試験勉強、受験勉強のお供(勉強に集中してなかっただろう)。

オールナイトニッポン(ANN)が好きでよく聞いていた。当時新潟放送(BSN)ラジオでANNをネットしていたから。

なので、私にとって東京のラジオ局といったら「ニッポン放送」。東京への修学旅行に携帯ラジオを持っていき、宿舎の寝床でニッポン放送をお膝元の東京で聞いた時にはうれしかった(確かビートたけしのANN)。

 

好きで聞いたのは上柳昌彦アナ、小峰隆生さん、寺内たけしアナ、田中義武さん(!)、辻仁成さん、伊集院光さん(オペラの怪人当時)、その他多数・・・とマニアックなパーソナリティーが好きだった。

有名所で好きだったのは、とんねるず、サンプラザ中野くらい。

同級生が小峰隆生さんのANNではがきを読まれて「マジ小峰」の缶バッチが送られてきた、と自慢していた。
上柳さんのANNで一回だけはがきを読んでもらったのはよい思い出。番組が終わった時には悲しかった。

 

2部まで聞いて、なぜかそのまま5時からの「大学受験ラジオ講座」。高校生になったらラ講を聴いて勉強するぞ!と思った中3の頃。

その後ANNはミュージシャン系、アイドル系に移行し、興味がないので聞くことも減った。

とんねるずのANNの終了で、ANNとはお別れ。

 

高校時代は帰宅後はラジオ聴きながらの「ながら勉」を早朝まで。

これでは集中できる訳がない。

(ちなみにこの頃のテレビの思い出はなし)

 

宅浪してからはほぼ1日中ラジオ(集中できないって!)「ラ講」は都合4年も聞いた(!!)

 

大学入学後も部屋にテレビはなく、帰宅後は夕方からもっぱらラジオ。

100万人の英語、(なぜか)NHKフランス語講座。ラジオ聴きながらの国試勉強。

その頃から開局間もないFM新潟もよく聴くようになる。

 

東京での研修医時代、東京にいって真っ先に買ったのがコンセント付きラジオ(新宿ヨドバシ?)。

日曜夕方、広尾・宮代の宿舎で一人、「これから大丈夫なのだろうか・・・」と心細く、ぼーっと外を見ながら聞いた思い出。

 

新潟帰郷後、当時新たに開局した地元FM局、FM PORTを好きで聞いていた。
柏崎在住時、PORT主催の「小林直さん」というシンガーソングライターのインストアライブ(ビルボードプレイス)に1人とぼとぼ出かけ、CDも買った。

 

その後も楽しいドライブ中に県外で聞いた番組、通勤中に聞いた番組などなど。

そして、2020年6月30日、FM PORT閉局・・・

 

私の人生の思い出のひとコマひとコマとラジオがリンクしていることは多い。

 

↓ この放送、おそらく当時リアルタイムで聞いた。

 

 

上柳さんは2017年にニッポン放送を定年退職したんだって(驚)!

 

コラム
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました