スポンサーリンク

その後、あの患者さんはどうなったのだろうか・・

整形外科医として勤務していた病院で担当した中年女性患者さん。

確か、婦人科癌の脊椎転移だったと思う。
腫瘍による脊髄圧迫で麻痺、疼痛が出現したため、整形コンサルトがあり、
たまたま私が担当した。

上級医に相談したと思うけど、ラジエーションするわけでもなく、
対症的除圧手術を提案するわけでもなく、
無理くりの説明で対症療法とし、有耶無耶に胡麻化してしまったと思う。
主治医にも申し訳ない。
「会って何といえばいいのか・・・」
病棟に往診に行くのが苦痛だったことを思い出す。
病院を退職し、最後まで担当しなかった。

上級医のせいにする訳ではないが、
知識、技能のない研修医は辛い。
放置ではなく、提言は欲しかったと、今改めて考えると思う。
もちろん、当時もっと勉強して、一端でも自分の意見が言えたらよかったのに、と思う。

あの患者さんは当時、どう思っていたのだろうか?
痛かっただろう、動けなくて辛かっただろう。
おそらく、普通の家庭があり、子供さんもいたかもしれない。

総合診療医として、今なら違った対応ができるか?
今なら「患者中心の医療」の実践で、少しでも病いを共有し、癒すことができるのか?

その後、あの患者さんはどうなったのだろうか・・


コラム
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました