スポンサーリンク

腰部脊柱管狭窄症(診断、)

鑑別疾患

間欠性跛行をきたす疾患として

「末梢動脈疾患(PAD)」

「腰椎椎間板ヘルニア」

「糖尿病性神経障害」などの鑑別が必要。

 

腰部脊柱管狭窄症の診断サポートツール

11項目からなり、スコア合計が7点以上で腰部脊柱管狭窄症と診断する

(感度92%、特異度72%)

病歴

年齢

60歳未満   0点

60~70歳未満 1点

70歳以上   2点

糖尿病の既往

あり  0点
なし  1点

問診

間欠性跛行

あり 3点

なし 0点

立位で下肢症状が悪化

あり 2点

なし 0点

前屈で下肢症状が軽快

あり 3点

なし 0点

身体所見

前屈による症状出現

あり  -1点

なし  0点

後屈による症状出現

あり 1点

なし 0点

足関節上腕血圧比(ABI)

0.9以上 3点

0.9未満 0点

アキレス腱反射低下・消失

あり 1点

正常 0点

下肢進展挙上テスト(SLR)

陽性 -2点

陰性 0点

 

 

 

整形外科・外傷
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました