スポンサーリンク

この動画を視ろ!(お金のために働くのはやめましょう。会社に雇われるというのは、自分の命を差し出す行為です。/タコペッティ))

【動画の概要】

三島由紀夫の作品に「命売ります」という小説がある。


 

もう死んでも良いと思っている男が自分の命を他人に差し出すという話なんだけど、会社員も自分の時間(命)を会社に明け渡しているという意味で同じようなもんだよね。

雇い主「君は自動販売機みたいな男だ」
主人公「そうですよ、コインを放り込めばそれでいいんです。機械は命がけで働きますよ」

というやり取りは戦慄ものだ。

コインを放り込まれて、自動販売機のように機械的に労働している会社員ってこの世に多いと思う。

お金のために寿命を削って働く労働はやめましょう。

【この動画のキモ】
・会社を辞められれば一番いい。
・しかし会社員であっても、自由に振舞える会社、あるいは時間を自由に使える会社ならいい。
つまり自分の命を売り給料を貰いつつ、自分のやりたいことができて状態にもっていければよい。
・そのためにはweb業界、リモートワークが有利。

コメント

タイトルとURLをコピーしました