スポンサーリンク

COVID-19(検査、鑑別診断、治療)

検査について

【検査の感度、特異度】

・PCR検査の感度は70%前後(強く疑う例では1回のPCR検査陰性でも除外できない)

 

【最適な検体の種類】

・一般的には「鼻咽頭ぬぐい液」「唾液」「喀痰」がある

・「唾液」は「鼻咽頭ぬぐい液」感度が同等とされる。

 

【最適な検査時期】

・ウイルスの増殖は発症前~発症5日前後がピーク

・発症から長期間経過した場合はPCR、抗原検査で陰性となる可能性が高まる

 

鑑別診断

・発熱+上気道症状→ウイルス性上気道炎(いわゆる「風邪」)

・発熱+嗅覚障害→急性副鼻腔炎

・高熱、上気道症状、筋肉痛→インフルエンザ

・発熱のみ(気道症状に乏しい)→感染性心内膜炎、椎体炎、胆管炎/胆嚢炎、前立腺炎(熱源不明の原因になりやすい疾患)

・重症肺炎(人工呼吸器が必要)→肺炎球菌性肺炎、レジオネラ肺炎

・両側すりガラス陰影(ground-glass opacity:GGO)→ウイルス性肺炎、ニューモシスチス肺炎、特発性間質性肺炎、好酸球性肺炎、薬剤性肺連

・乾性咳+一部GGO→マイコプラズマ肺炎

・両側バタフライ陰影+一部GGO→急性心不全

 

治療

【ウイルス増殖を抑える】

・抗ウイルス薬(レムデシビル、ファビピラビル)

 

【抗炎症治療 】

・ステロイド(デキサメサゾン(デカドロン®))

・抗IL-6阻害薬(トシリズマブ(アクテムラ®))

・IL-1受容体拮抗薬(アンナキンラ)

・コルヒチン

 

【血栓傾向抑制】

・動脈、静脈ともに血栓傾向となる

・肺塞栓症、肺血栓症が最多

<具体的治療法>

・VTE予防のため、予防的抗凝固療法を行う(ヘパリンカルシウム皮下注®など:未分画ヘパリン)

 

 

参考文献:

総合診療 2021年 2月号 特集 肺炎診療のピットフォール COVID-19から肺炎ミミックまで

呼吸器感染
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました