スポンサーリンク

Cushing症候群

・コルチゾールの過剰分泌により、内臓脂肪蓄積が亢進してインスリン抵抗性が増し、糖代謝が悪化する。

・膵臓β細胞でのインスリン合成低下をきたし、糖尿病を発症する

・コルチゾールによる腎尿細管でのナトリウム再吸収が促進され、血管内容量増加により高血圧となる

・交感神経活性が高まる

・肝臓でのHMG-Co還元酵素の活性化で、コレステロール産生が増加する

・ステロイド精神病(躁うつ病)をきたす

 

スクリーニング

少量デキサメサゾン抑制試験

・少量のデキサメサゾンを内服後、翌朝の血中コルチゾール値≧5μg/dLを陽性とする

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました