スポンサーリンク

Dr.Gawaso書店『奉教人の死 芥川龍之介 著』

芥川龍之介による、いわゆる『切支丹物』の代表作。

1918年(大正7年)、芥川26歳時の作品。

 

昔、長崎の寺院に仕えていた孤児の美少年が、町の傘張り人の娘に子供を生ませたという疑いをうける。長崎の町に大火が起きた際、その娘の家も焼け、娘は逃がれるが、幼児は火の中に残された。

この時、猛火の中に飛び込み、幼児を救ったのは、嫌疑をうけた美少年だったが、不幸にも彼は焼死する。

その結果、この殉教の少年は、男ではなく女性であることが判り、その疑いが晴れる…

 

信仰に生きる強靱な美しさと、充実した生に対する感嘆を謳い上げる傑作。

 

Dr.Gawaso書店
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました