スポンサーリンク

特発性縦隔気腫

疾患

・若年男性に多い(7:3)

・誘発因子:運動、咳嗽、喘息発作、嘔吐などの胸腔内圧が上がる状況で発症しやすい

・しかし誘発因子を認めない例も1/3で認められる

 

症状

・胸痛

・呼吸苦

・皮下気腫

・嚥下痛

・微熱

 

Hamman徴候

・縦隔気腫で聞かれる(その他、左気胸でも聞かれる)

・感度は13.8%

・心拍動に一致してきかれる水泡音(crunching、bubbling)

・縦隔内の空気が心拍動によって移動することによって生じる

・下部前胸部で聴取し、吸気時や左側臥位で増強、呼気時や座位で減弱する

 

検査

・胸部X線の感度は83%

・胸部X線が正常でも疑いが強い場合は、胸部CTで評価する必要がある

 

治療、予後

・対症療法でほとんどの症例は改善する

・再発率は0.8%

・緊張性気胸を1.2%で認め、また心嚢内気腫では心タンポナーデのリスクとなるため注意が必要

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問
 

 

 

 

 

 

 

総合診療 2021年 4月号

特集 あなたの切実なギモンにズバリ答えます! 消化器診療“虎の巻”

 

診察・検査呼吸器
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました