スポンサーリンク

血液培養のコンタミネーションの判断

原則

・菌種と培養陽性までに要する時間から判断する。

・グラム陽性球菌の菌血症では、常に感染性心内膜炎を疑う

コンタミネーションである可能性が高い菌種

 

・Propionibacterium(プロピオニバクテリウム)

・Corynebacterium(コリネバクテリウム)

・Bacillus(バチルス)

・CNS

 

※上記菌種が2セット中、1セットのみで検出された場合はコンタミネーションの可能性が高いが、

2セット中2セットで陽性であれば、真の原因微生物である可能性を考慮しなければならない。

 

血液培養が陽性になるまでの時間(TTP:time to positive)

 

・一般に、コンタミネーションでは菌量が少ないためTTPは長い(平均20.6時間)
・一方、真の菌血症では菌量が多いため、TTPは短い(平均12.7時間)

 

 

参照:

感染
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました