スポンサーリンク

うつ病(2質問法、DSM-5診断基準)

2質問法(うつ病のスクリーニング)

・うつ病の主要な2つの症状である「抑うつ気分」と「興味または喜びの消失」の有無を“Whooley questions”(二質問法)(Whooley MA et al,1997)で確認する。

 

質問:

1.「この1ヶ月間、気分が沈んだり、憂うつな気持ちになったりすることがよくありましたか」

2.「この1ヶ月間、どうしても物事に対して興味がわかない、あるいは心から楽しめない感じがよくありましたか」

 

上記2質問のうち、どちらかひとつまたは両方に当てはまる場合にうつ病を疑う(両方当てはまる場合感度98%、特異度59%)

 

DSM-5 診断基準

A. 以下の症状のうち5つ以上が 2 週間存在して機能変化を起こしていること。(症状には 1または 2 が含まれることが必要)

⑴抑うつ気分

⑵興味・喜びの喪失

⑶体重減少/ 増加、食欲減退 / 増加

⑷不眠 / 過眠

⑸精神運動焦燥 / 制止

⑹疲労感、気力減退

⑺無価値観、罪責感

⑻思考力や集中力の減退、決断困難

⑼自殺念慮、自殺企図

B. 症状により臨床的、社会的に障害を引き起こしている。

C. 物質の影響、他の医学的疾患によるものでない。

D. 精神病性障害(統合失調症および類縁疾患)ではうまく説明できない。

E. 躁病 / 軽躁病エピソードが存在したことがない。

 

DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引

コメント

タイトルとURLをコピーしました