スポンサーリンク

こどもの「風邪」

典型的病歴

・乳児では「発熱」「鼻汁」が高頻度。その他「不機嫌」「食事摂取困難」「断眠」

・幼児~学童では「鼻汁」「鼻閉」「咳嗽」が主症状

※「下痢」や咳き込みを伴わない「嘔吐」はまれ

 

症状の持続時間

・6歳未満では14日程度

・6歳以上では5~7日

・低年齢のほうが長引きやすい

・「鼻閉」「鼻汁」「咳嗽」「くしゃみ」は2~3日でピークを迎え、徐々に改善

・「咽頭痛」は1週間程度続く

 

注意すべき合併症

・細菌性中耳炎

・喘息

「肺炎」の合併の可能性は、「風邪の症状が発現後、数日経過してから新規の発熱があった場合」に考慮する必要あり。

「ウイルス性下気道感染」は、「新規の発熱がなく咳嗽が継続する場合」に考慮する必要がある。

 

風邪以外を想起すべき症状

・39℃を超える高熱

・長く継続する発熱

・ぐったりした外観

・鼻症状がない

・口腔粘膜の異常

・喘鳴

・肺の異常所見

・突然発症の咳嗽や呼吸努力の存在

 

鑑別すべき疾患

アレルギー性鼻炎

急性細菌性副鼻腔炎

鼻腔異物

異物誤嚥

百日咳

鼻腔の構造異常

インフルエンザ

細菌性扁桃腺炎

咽後膿瘍

 

 

診察の注意点

・「stridor」や「 sniffing position」がある場合は安易に咽頭の評価は行わないこと

・stridorは「気道狭窄」を意味し危険のサイン

・舌圧子は事前に濡らしておくと、嫌な味が軽減する

・「咽頭粘膜の発赤」は「頬粘膜」と比較。頬粘膜より赤味が強い場合は「有意な発赤」と診断。

・開口制限は「患児の3横指未満しか開口できない場合」に診断

→炎症が「外側翼突筋」まで波及していることを意味する

・「頸部後屈制限」は「咽後膿瘍」で最も多い所見の1つ(玩具などで追視させて評価)

 

再受診の目安

・増悪傾向のある咽頭痛

・ぐったりの程度が強い

・呼吸窮迫

・2週間以上の症状の持続

・経過中に新規の症状出現

 

総合診療 2020年 3月号 これではアカンで! こどもの診療 ハマりやすい11のピットフォール
 

救急小児科
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました