スポンサーリンク

せん妄、不穏

「せん妄」の定義

・脳の器質的な脆弱性(加齢性変化、脳梗塞、認知症など)に、脱水や感染症、薬物などの負荷が加わり、脳機能が低下した状態(意識障害)。

 

症状

・幻覚(幻視)

・妄想

・精神運動興奮

・注意障害

 

原因

直接原因

・脱水

・感染

・薬剤(オピオイド、ベンゾジアゼピン系、ステロイド、H2ブロッカー、頻尿治療薬(抗コリン薬))

 

間接原因

・痛み

・身体的苦痛

・強制的な臥床

・睡眠リズム障害

 

治療

せん妄ハイリスク患者の不眠に対する眠剤処方

・就寝前ではなく夕食後に投与

・トラゾドン(レスリン®、デジレル®)がfirst choice

 

トラゾドン(レスリン®、デジレル®)

・鎮静効果は弱い。「ゴソゴソレベル」の不眠に有効

・筋弛緩作用が少なく、安全

・抗コリン作用が少なく、特に注意点なし

・ベルソムラ、ロゼレムとの併用も可

・使用法

25㎎錠 1-6錠/日

屯用:「30分毎、合計3錠まで。深夜2時まで使用可」

 

レンボレキサント(デエビゴ®)

① 5㎎

② 2.5㎎

③ 2.5㎎

それぞれ30分以上あけて

 

 

せん妄治療薬

・過活動型せん妄で、内服可能かつ糖尿病がなければセロクエル®(クエチアピン)がfirst choice。またはリスパダール

・内服困難な場合はハロペリドール(セレネース注)またはコントミン®

・ハロペリドールは鎮静効果が決して強くないため、効果不十分の場合はフルニトラゼパム(サイレース®)やヒドロキシジン(アタラックスP®)を用いる

 

セロクエル(クエチアピン)

first choice

鎮静作用強い(リスパダールより強い)

・半減期短い(翌日への持ち越しが少ない

・幻覚、妄想への効果が弱い

糖尿病には禁忌(糖尿病がある場合はリスペリドンを使用すること)

・使用法

25㎎錠、1時間あけて、合計4回まで

 

リスペリドン

・鎮静作用はやや弱い(セロクエルより弱い)

・催眠効果もあまり期待できない

・幻覚、妄想への効果が強い

・腎機能低下で翌日持ち越しあり

・パーキンソン症候群、嚥下機能障害(誤嚥)の危険性

使用法

0.5~1㎎、1時間空けて、1日最大2㎎まで

 

 

ハロペリドール

・鎮静作用普通

・幻覚、妄想への効果あり

・禁忌:パーキンソン病、レビー小体型認知症、重症心不全患者

・鎮静効果は強いものではない

・静注、または筋注

(静注の方がパーキンソニズムなどの副作用が少なく、速効性がある)

・不穏が強く速効性が求められる場合は、ワンショット静注も可

例)

1A+生食20ml IV

1A+生食100ml点滴

 

・朝まで寝てほしいといった持続性を期待する場合は、時間をかけて点滴

例)1A+生食100ml点滴:2時間かけて点滴静注

 

 

フルニトラゼパム(サイレース®)

・鎮静効果強い

・呼吸抑制あり(→呼吸状態が悪いときは、代わりにアタラックスPを使用)

・ハロペリドールも無効の場合

・サイレース(2㎎/A)0.5~1A+生食100mL

入眠したら中止、覚醒したら再開

 

呼吸抑制をきたすことがあるため、アネキセートや気道確保の準備をしておく

 

 

 

 

内科救急診療指針2022 
一般社団法人 日本内科学会専門医制度審議会 救急委員会

 

 

 

 

 

 

 

medicina(メディチーナ) 2019年 増刊号 特集 一人でも慌てない! 「こんなときどうする?」の処方箋85

精神科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました