スポンサーリンク

インピンジメント(impingement)症候群

・肩関節挙上時に肩峰、または烏口肩峰靱帯とその下に位置する腱板が衝突し、疼痛を引き起こす病態

・棘上筋腱炎、腱板不全断裂・完全断裂、石灰沈着性腱板炎、肩峰下滑液包炎などが原因

 

身体検査

① Hawkinsテスト(肩峰下滑液包圧迫)

・肩90°前方挙上位,肘90°屈曲位で,肩を内旋させ,大結節を烏口肩峰靱帯および烏口突起に圧迫させ,疼痛が誘発されれば陽性

 

② Neerテスト

・後方より肩を上から押さえ、逆の手で被検者の上肢を肘伸展位、母指が下を向いた状態で180度まで前方挙上

 

参照(このサイトより引用)https://meded.ucsd.edu/clinicalmed/joints2.html

 

 

③ painful arc sign

・肩を自動的に外転させると,大結節が肩峰の下をくぐり抜ける60 °~120°付近で痛みが出現し,この角度を超えると痛みが軽くなる。

・同様に,挙上位から下垂する際にも痛みを自覚する。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました