スポンサーリンク

オトガイしびれ症候群(Numb chin syndrome;NCS)

下歯槽神経

・NCSとは、オトガイ神経分布域でのしびれ感覚を特徴とする神経障害である

 

下歯槽神経、オトガイ神経について

参照(このサイトより引用):https://harifuku.net/case/inferior-alveolar-nerve/

 

・下歯槽神経は、三叉神経第三枝である下顎神経の枝。

・下顎孔から下顎骨に入り下顎管を通る。

・その間に下顎の歯に知覚枝を出し、下歯神経叢をなすほか、小さな神経を歯や歯肉に向けて分岐させる。

・前方、下顎第二小臼歯の部分でオトガイ孔から下顎骨を出、オトガイ神経を分岐し、オトガイと下口唇の知覚を担当する。

 

 

原因

・局所腫瘍または転移性腫瘍による圧迫(転移性乳癌および高悪性度リンパ腫)が多い。

・その他、肺癌、黒色腫、前立腺癌、肉腫、腎細胞癌、甲状腺癌、結腸癌、多発性骨髄腫、頭頸部癌など

・小児の場合は急性白血病が多い

・症例の47%でNCSは原発腫瘍の診断に先行し、悪性腫瘍の初発症状のことがある

・ 一方で、 癌の既往歴のある患者では、多くの場合、病気の再発を示している。

・頭蓋内三叉神経根の圧迫

・歯科原因、特別に医原性のもの(例えば口腔外科)

・非悪性の疾患:歯原性感染症、外傷、糖尿病、アミロイドーシス、梅毒、サルコイドーシス、鎌状赤血球症、血管炎(側頭動脈炎)、動脈瘤など

 

症状

・下歯槽神経には運動神経線維がないため、NCSは純粋に感覚神経障害である(下部顔面の運動機能はそのまま保たれる)。

・通常は下顎、唇、そして時折歯肉の、皮膚の片側性のしびれが含まれる。しびれは、通常は通常片側性であり、両側性は10%程度。

(↔過呼吸や低カルシウム血症例のときのように口の周囲ではない)

・患者は下唇を不注意に噛んでしまったり、食べ物や飲み物がだらだらこぼれて食事困難を訴えることがある。

・打診誘発性の疼痛と下顎の歯の緩みは、白血病細胞の下顎管浸潤例で発生しうる。

 

検査

・パノラマX線撮影(溶骨性変化)、CT、MRI、骨シンチグラフィーなど

・穿刺吸引細胞診や病変生検が診断の確認のために有用

・腰椎穿刺および細胞学的分析は、X線撮影が陰性である場合には有用である

 

治療

・原因疾患に対する治療

・症状は多くの患者で自然に解決する。

・しかし癌患者におけるNCSの予後は不良で、診断後の生存期間の中央値は、一般的に1年未満である。

・診断されたNCS後の平均生存期間は下顎転移に起因する場合には約5ヶ月および、軟膜転移が存在する場合には12ヶ月である。

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました