スポンサーリンク

ショックの診断基準

参考;

専門医部会 シリーズ:内科医に必要な救急医療

〔日内会誌 100:1084~1088,2011〕

 

ショックの診断基準

「1.血圧低下」と「2.小項目のうち3項目以上」でショックと診断する

1.血圧低下

収縮期血圧 90 mmHg以下
○平時の収縮期血圧が 150 mmHg以上の場合:
平時より 60 mmHg以上の血圧下降
○平時の収縮期血圧が 110 mmHg以下の場合:
平時より 20 mmHg以下の血圧下降

2.小項目(3 項目以上を満足)

①心拍数 100回/分以上

②微弱な脈拍

③爪床の毛細血管のrefilling遅延(圧迫解除後 2 秒以上)

④意識障害(JCS2 桁以上またはGCS10 点以下),不穏,興奮状態

⑤乏尿・無尿(0.5 ml/kg/hr以下)

⑥皮膚蒼白と冷汗,または 39℃ 以上の発熱(感染性ショックの場合)

 

※ 血圧低下と小項目 3 項目以上でショックと診断する.
※ JCS:Japan Coma Scale,GCS:Glasgow Coma Scale

 

 

救急外来ドリル〜熱血指導! 「ニガテ症候」を解決するエキスパートの思考回路を身につける
坂本 壮 (編集)(2021/7/12)

救急
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました