スポンサーリンク

ストレスチェック

  1. 厚生労働省「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」
  2. ストレスチェックとは
  3. 目的
  4. 実施者
  5. 検査方法
  6. 調査結果、健康情報の保護
  7. 国が推奨する 57 項目の質問票(職業性ストレス簡易調査票)
        1. A あなたの仕事についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。
        2. B 最近1か月間のあなたの状態についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。
        3. Cあなたの周りの方々についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。
        4. D満足度について
  8. 面接指導の実施と就業上の措置
    1. 面接指導の実施と就業上の措置
        1. ○ストレスチェック結果で「医師による面接指導が必要」とされた労働者から申出があった場合は、医師に依頼して面接指導を実施する
        2. 面接指導を実施した医師から、就業上の措置の必要性の有無とその内容について、意見を聴き、それを踏まえて、労働時間の短縮など必要な措置を実施する
        3. ○ 面接指導の結果※は事業所で5年間保存しましょう。
    2. 職場分析と職場環境の改善 (努力義務)
        1. ○ストレスチェックの実施者に、ストレスチェック結果を一定規模の集団(部、課、グループなど)ごとに集計・分析してもらい、その結果を提供してもらう
        2. ○ 集計・分析結果を踏まえて、職場環境の改善を行いましょう。

厚生労働省「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」

下記サイトより参照

ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等
ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等について紹介しています。

 

ストレスチェックとは

・「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査。

・「労働安全衛生法」が改正され、2015 年 12 月から、労働者が 50 人以上いる事業所では毎年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられた

 

注)

・契約期間が1年未満の労働者や、労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は義務の対象外

・労働者が50人未満の事業場は当分の間努力義務

 

目的

・メンタルヘルス不調を未然に防止する一次予防

・労働者自身のストレスへの気づきを促す

・ストレスの原因となる職場環境改善

※ 既にメンタルヘルス不調になっている人を発見することではなく、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ぐことが目的

 

実施者

・医師または保健師や精神保健福祉士など

・ストレスチェックの実施者は、人事部などで人事権がある方は実施者にはなれません。

・機微な個人情報を取り扱うことから、実施者となれるのは、法令で定められた医師(産業医)、保健師、精神保健福祉士等の資格者に限定されます(このほか、歯科医師、看護師、公認心理師も実施者になることができる)

・なお、医師(産業医)は、高ストレス者のうち希望者でかつ事業主に申出をした方を対象に、 就業上の措置(残業禁止や休職等)を含む面接指導を実施します。

(統計上、受検者総数のうち、0.4%が医師(産業医)の面談を受診している)

 

検査方法

 

調査結果、健康情報の保護

・検査結果は、検査を実施した医師、保健師等から直接本人に通知される。

・本人の同意なく事業者に提供することは禁止されている。

 

国が推奨する 57 項目の質問票(職業性ストレス簡易調査票)

A あなたの仕事についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。

1. 非常にたくさんの仕事をしなければならない
2. 時間内に仕事が処理しきれない
3. 一生懸命働かなければならない
4. かなり注意を集中する必要がある5. 高度の知識や技術が必要なむずかしい仕事だ
6. 勤務時間中はいつも仕事のことを考えていなければならない
7. からだを大変よく使う仕事だ
8. 自分のペースで仕事ができる
9. 自分で仕事の順番・やり方を決めることができる
10. 職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる
11. 自分の技能や知識を仕事で使うことが少ない
12. 私の部署内で意見のくい違いがある
13. 私の部署と他の部署とはうまが合わない
14. 私の職場の雰囲気は友好的である
15. 私の職場の作業環境(騒音、照明、温度、換気など)はよくない
16. 仕事の内容は自分にあっている
17. 働きがいのある仕事だ

B 最近1か月間のあなたの状態についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。

1. 活気がわいてくる
2. 元気がいっぱいだ
3. 生き生きする
4. 怒りを感じる
5. 内心腹立たしい
6. イライラしている
13. ゆううつだ
14. 何をするのも面倒だ
15. 物事に集中できない
16. 気分が晴れない
17. 仕事が手につかない
18. 悲しいと感じる
19. めまいがする
20. 体のふしぶしが痛む
21. 頭が重かったり頭痛がする
22. 首筋や肩がこる
23. 腰が痛い
24. 目が疲れる
25. 動悸や息切れがする
26. 胃腸の具合が悪い
27. 食欲がない
28. 便秘や下痢をする
29. よく眠れない

【回答肢(4段階)】

A そうだ/まあそうだ/ややちがう/ちがう
B ほとんどなかった/ときどきあった/
しばしばあった/ほとんどいつもあった
C 非常に/かなり/ 多少/全くない
D 満足/まあ満足/ やや不満足/ 不満足
7. ひどく疲れた
8. へとへとだ
9. だるい
10. 気がはりつめている
11. 不安だ
12. 落着かない

Cあなたの周りの方々についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。

次の人たちはどのくらい気軽に話ができますか?
1. 上司
2. 職場の同僚
3. 配偶者、家族、友人等
あなたが困った時、次の人たちはどのくらい頼りになりますか?
4. 上司
5. 職場の同僚
6. 配偶者、家族、友人等
あなたの個人的な問題を相談したら、次の人たちはどのくらいきいてくれま
すか?
7. 上司
8. 職場の同僚
9. 配偶者、家族、友人等

D満足度について

1. 仕事に満足だ
2. 家庭生活に満足だ

 

面接指導の実施と就業上の措置

面接指導の実施と就業上の措置

○ストレスチェック結果で「医師による面接指導が必要」とされた労働者から申出があった場合は、医師に依頼して面接指導を実施する

※1 申出は、結果が通知されてから1月以内に行う必要があります。
※2 面接指導は申出があってから1月以内に行う必要があります。

 

面接指導を実施した医師から、就業上の措置の必要性の有無とその内容について、意見を聴き、それを踏まえて、労働時間の短縮など必要な措置を実施する

※ 医師からの意見聴取は、面接指導後1月以内に行う必要があります。

 

○ 面接指導の結果※は事業所で5年間保存しましょう。

※ 記録を作成・保存してください。以下の内容が含まれていれば、医師からの報告をそのまま保存しても構いません。

① 実施年月日
② 労働者の氏名
③ 面接指導を行った医師の氏名
④ 労働者の勤務の状況、ストレスの状況、その他の心身の状況
⑤ 就業上の措置に関する医師の意見

 

職場分析と職場環境の改善 (努力義務)

○ストレスチェックの実施者に、ストレスチェック結果を一定規模の集団(部、課、グループなど)ごとに集計・分析してもらい、その結果を提供してもらう

※ 集団ごとに、質問票の項目ごとの平均値などを求めて、比較するなどの方法で、どの集団が、どういったストレスの状況なのかを調べましょう。

注意! 集団規模が 10 人未満の場合は、個人特定されるおそれがあるので、全員の同意がない限り、結果の提供を受けてはいけません。

原則 10 人以上の集団を集計の対象としましょう。

 

○ 集計・分析結果を踏まえて、職場環境の改善を行いましょう。

 

産業医
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました