スポンサーリンク

パーキンソンの法則

イギリスの歴史学者・政治学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが、著書「パーキンソンの法則:進歩の追求」で提唱した法則。イギリスの行政組織を研究する中で導き出したという。

第1、第2の二つの法則がある。

 

第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する。
例)
・納期まで余裕があるとき、仕事に集中しないと締切直前までかかる。
・終業までの時間を全て埋めるため、合間合間でサボって、与えられた仕事が時間ピッタリに終わるような調整を本能的にしてしまう
対策)
・決められた期限よりもっと早い「マイ期限(マイ終業時間)」を決めてしまう
第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する。

例)

・年収が上がっても貯金できない

 

対策)

・増収分はないものと考えて貯蓄する

・貯蓄専用口座を作る

 

 

パーキンソンの法則 (至誠堂選書)

 

 

 

コラム
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました