スポンサーリンク

ペニシリン系抗菌薬の基礎

ペニシリン系抗菌薬とは?

・βラクタム系抗菌薬の一種

・大きく、ペニシリンG、アミノペニシリン(アモキシシリン、アンピシリン)、ピペラシリン、βラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリンの4つに大きく分ける

 

各論

① ペニシリンG(PCG)

・黄色ブドウ球菌(MSSA)を除くグラム陽性球菌に有効

MSSAはすぐにペニシリナーゼを産生する株が出現し耐性となったため。

※ちなみにMSSAの第1選択は第1世代セフェムのセファゾリン(CEZ)

・A群β溶連菌に対するの第1選択

→A群β溶連菌による急性咽頭炎、肺炎球菌、緑色連鎖球菌による感染性心内膜炎、梅毒などに有効

 

② アミノペニシリン:アモキシシリン(AMPC:サワシリン®)、アンピシリン(ABPC:ビクシリン®)

・PCGに一部のグラム陰性桿菌(大腸菌、インフルエンザ桿菌)のカバーが加わる

・大腸菌による尿路感染症、インフルエンザ桿菌による中耳炎、副鼻腔炎など

・アモキシシリン(AMPC)は経口(サワシリン®)、アンピシリン(ABPC)は静脈投与(ビクシリン®)

・アンピシリン(ABPC:ビクシリン®)はリステリアをカバーする(髄膜炎)

 

 

③ ピペラシリン(PIPC)

・緑膿菌をカバーする(緑膿菌専用と覚える)

 

 

④ βラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン

・3種類

AMPC/CVA(アモキシシリン/クラブラン酸):オーグメンチン®(経口)

ABPC/SBT(アンピシリン/スルバクタム):ユナシン®(静注)

PIPC/TAZ(ピペラシリン/タゾバクタム):ゾシン®(緑膿菌カバー)

MSSA、嫌気性菌もカバーする

 

 

 

絶対わかる抗菌薬はじめの一歩―一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本をマスター
絶対わかる抗菌薬はじめの一歩―一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本をマスター

 

 

 

 

感染
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました