スポンサーリンク

下痢時の水分、食事指導

1.下痢がひどい時

・下痢をすると体の水分が失われていくので、水分を十分に飲ませるようにする。

・固形物は控える

・人肌程度に温めた小児用イオン飲料、湯冷まし、薄いお茶(番茶、麦茶)、野菜スープ、ニンジンスープ(実がないもの)、みそ汁の上澄み、りんごの刷りおろし汁など

・間隔をあけて飲めるだけ与える。

・下痢1回につき、体重10kg当たり100㏄

・食欲がなく、食べられないと栄養が心配になるが、無理に与えようとしなくてもよい。食事控え目が良い

 

2.下痢の回復期

・1回の食事量は少なくし、何回かに分けて(4~6回程度)摂取させる

・便の様子を見ながら、消化のよい食品を選ぶ

・加熱調理した炭水化物(おかゆやうどん)から開始

・消化の良い食品(穀類→野菜・果実→豆腐・魚・卵の順に)

穀類:おかゆ、パン粥、うどんのやわらか煮、おじや、マッシュポテト

野菜・果実:煮りんご、バナナ、にんじんやかぼちゃの煮潰し(皮を剥いたもの)

豆腐、豆乳、白身の魚、半熟卵(卵黄→全卵の順)

 

【メニュー例】

①二色おろし

りんご40g、ニンジン10g

にんじんは茹でてすりつぶす。すりおろしたりんごを加える

②うどんのやわらか煮

ゆでうどん70g、ホウレンソウ(葉先)10g、だし汁100㏄

だし汁に醤油少々で薄く味を付け、うどんと茹でたほうれん草を入れて煮る

 

※控えたい食品(腸を刺激し、下痢を悪化させる可能性がある)

・脂肪の多いもの:

ポテトチップス、揚げ物、バター、ソーセージ、ベーコン、ハム、バラ肉

・線維の多いもの:

さつまいも、ごぼう、れんこん、豆類、ミカンなどの柑橘類、梨、パイナップル、海藻

・冷たいもの:

ジュース、アイスクリーム、牛乳

・甘さの多いもの:

ケーキ、カステラ、プリン

 

消化器感染小児科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました