スポンサーリンク

多発性骨髄腫

スクリーニング検査

・血算、生化

・免疫グロブリン定量(IgG,IgA,IgM)

・血清蛋白電気泳動

・尿蛋白電気泳動

・病変部骨X線

・MRI:T1low、T2 high、STIR high

 

診断基準

「骨髄中のクローナルな形質細胞≧10%、もしくは髄外形質細胞の存在」

に加えて、下記の骨髄腫診断事象を1つ以上有する

臓器障害(CRAB)

C:calcium(高Ca血症)

R:renal failure(腎不全)

A:anemia(貧血)

B:bone lesion(骨病変)

 

骨髄中のクローナルな形質細胞≧60%

 

血清遊離軽鎖(FLC)比≧100

 

MRIで巣病変>1つ

 

 

 

 

 

画像所見

・溶骨性変化が多い

(骨硬化性変化を認めた場合は症候群を疑う)

・MRIにてT1 low、T2 high、脂肪抑制(STIR)high

血液
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました