スポンサーリンク

局所排気装置

スポンサーリンク

局所排気装置

・「囲い式」と「外付け式」に分けられる

・ダクトの断面積を大きくすると、圧力損失も搬送速度も小さくなる。

 

 

スポンサーリンク

囲い式フード

・発散源を覆うようにして取り付けられているフード。囲うことで開口部に吸い込み気流を与え、有害物質の飛散を防止する。

・囲い式フードのメリットは、小さい制御風速で有害物質の吸引と飛散防止効果が期待できる。外部からの気流の影響を受けにくいため、排風量が限られるケースに適している。

・有害物質の暴露も減らすことが可能です。

・一方、フード内は高濃度の有害な排気で満たされています。有害物質にさらされる危険があるため、中に立ち入るのはもちろん、顔を近づけることも避けなくてはいけません。十分な広さを確保し、できる限り開口部を減らす対策も求められます。

 

建築ブース型

・作業面のうち一面(もしくは2面)が開放されており、それ以外は覆われているもの。

・作業者がフードの中に入って作業することができるため、塗装業務などに用いられる。

 

スポンサーリンク

外付け式フード

開口部外にある有害物質の発生源に吸い込み気流を生み出し、周辺の空気と一緒に吸引するフードです。吸引方向によって下方吸引型・側方吸引型・上方吸引型の3タイプに分けられます。

外付け式フードを設置する場合、有害物質周辺の空気も吸い込まなくてはいけないため、囲い式フードに比べて大きな吸引風量・排風量が求められます。風量が小さい場合、有害物質がしっかりと吸引されず、排気装置が十分な性能を出せなくなる可能性があります。

作業員は有害物質の発生源とフード間に立ち入らないよう注意が必要です。フード間は高濃度の有害物質が存在しているため、暴露してしまう可能性があります。立ち入らなくて済むよう、しっかり安全対策を取りましょう。また、新規に導入する際は各種法令の要件をチェックし、販売業者に相談することをおすすめします。

キャノピー型フード

発生源からの熱による上昇気流を利用して捕捉するもので、レシーバー式フードに分類される。

※キャノピー:傘や蓋状になった天盤のこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました