スポンサーリンク

急性腹症に対する鎮痛の原則

原則

痛みの強さによらず、アセトアミノフェン1000㎎静脈投与が推奨される

(レベル1、推奨度A:急性腹症診療ガイドライン2015)

例)

アセリオ® 1000㎎ 15分ペースで点滴静注

小柄な場合:10~15㎎/㎏

原因検索へ

 

アセトアミノフェン点滴静注の効果がない場合

・外科的介入が必要な疾患が強く疑われるため、コンサルトが必要

 

 

救急外来ドリル〜熱血指導! 「ニガテ症候」を解決するエキスパートの思考回路を身につける

 

 

救急消化器
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました