スポンサーリンク

抗不安薬

抗不安薬の原則

・効果の強いもの、半減期が短いものほど依存を形成しやすい

(特にデパス®)

・非専門医は原則として頓用処方とする

 

効果別分類

効果弱のグループ

リーゼ®(クロチアゼパム)

 

セレナール®(オキサゾラム)

 

効果中等度のグループ

・非専門医でも使用可能

 

ソラナックス®/コンスタン®(アルプラゾラム)

 

メイラックス®(ロフラゼプ酸エチル)

 

 

効果強のグループ

※ 例外的な使用法を除き、非専門医が処方すべきではない

デパス®(エチゾラム)

・速効性なし

・依存性強い

・転倒、せん妄リスクあり

 

ワイパックス®(ロラゼパム)

・肝障害でも使用可能

・アルコール離脱予防として使用

 

リボトリール®/ランドセン®(クロナゼパム)

・抗てんかん薬として使用

 

 

 

気になる向精神薬 (Essence for Resident)

2019/4/15天沢 ヒロ (著)

 

精神科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました