スポンサーリンク

浣腸の正しい手技

参照:グリセリン浣腸の取扱い時の注意について 

PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構; Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)

https://www.pmda.go.jp/files/000143821.pdf

 

浣腸時の姿勢等について

1)立位による浣腸処置時は、直腸穿孔の危険性があり禁忌!

・立位では、お腹に圧力がかかり、直腸前壁の角度が鋭角になるため、
チューブの先端が直腸前壁にあたりやすく、穿孔する危険性がある。

・また、立位では、肛門の確認がしにくく、チューブの挿入が目視できない
危険性もある

 

参照(このサイトより引用):https://www.kango-roo.com/learning/2567/

 

 

2)浣腸の際は、できるだけ左側臥位で慎重に行うこと!

・結腸の解剖学的な特徴から、浣腸時の体位は、左側臥位が最も適当

(S状結腸から直腸は、体の左側を通って肛門へとつながっているため、患者を左側臥位にすると、注入したグリセリンがS字結腸へと流入しやすいため)。

・また、チューブの挿入する長さは、目安として5~6cmとされていますが、

抵抗を感じたら無理に進めず、少し引き戻しましょう(直腸壁にあたっている可能性あり)

 

参照(このサイトより引用):https://www.kango-roo.com/learning/2567/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました