スポンサーリンク

消化管出血

全身状態の確認

ショックの診断基準(下記症状から総合的に判断)

・SBP<90mmHg

・HR>120

・顔面蒼白、発汗、四肢冷感

 

ショックと判断した場合の初期対応

細胞外液急速輸液

・アシドーシスを起こしにくい酢酸リンゲル(ヴィーンF®)

・1~2Lを10~15分(全開)で

循環動態安定の目安:

・SBP>100mmHg

・HR<100/分

 

輸血開始の数値

Hb<7.0g/dLで実施を推奨

 

 

夜間でも緊急で内視鏡医にコンサルトすべき「ハイリスク症例」

① 来院時ショックバイタルの症例

② 単位時間あたりの出血量が多い、あるいは多かったことが考えられる症例(失神、不穏などの病歴)

③ 非代償期肝硬変症例をはじめ、止血困難が疑われる症例

 

 

 

総合診療 2020年 4月号 特集 大便強ドリル 便秘・下痢・腹痛・消化器疾患に強くなる41問!

 

 

救急消化器
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました