スポンサーリンク

深部静脈血栓症(所見、スコア)

DVTを疑う所見

・限局性浮腫(片側下肢)

・急性発症(<72時間)

・腫脹>発赤、熱感(腫脹が発赤や熱感より目立つ)

(↔蜂窩織炎では発赤や熱感が腫脹より目立つ)

Pratt徴候

下肢挙上でも表在静脈が虚脱しない(感度29%、特異度85%)

 

危険因子

・悪性腫瘍術後、股関節、膝関節の人工関節、血管内治療の既往(1年以上経過した場合でも)

・炎症性腸疾患

・心筋梗塞

・脳梗塞

・関節リウマチ

・凝固異常

・最近、または現在のステロイド治療

 

 

Wells score for DVT

リスク因子

・活動性の悪性腫瘍:1点

・下肢の完全麻痺、または不全麻痺、または最近のギプス固定:1点

・最近の3日間を越える臥床歴、または最近4週間以内の大手術歴:1点

身体所見

・深部静脈の走行路に限局した圧痛:1点

・片側下肢全体の腫脹:1点

・非対称性の腓腹部腫脹(脛骨粗面の10㎝下方において左右差>3㎝)

・非対称性の圧痕性浮腫:1点

・表在性の側副血行路(静脈瘤ではない):1点

鑑別疾患

・深部静脈血栓症と同等、またはそれ以上に疑わしい鑑別疾患がある:-2点

 

・高リスク:3点以上、中リスク:1~2点、低リスク:0点以下

中、低リスクの場合、Dダイマー測定し、陽性なら超音波検査へ、陰性なら除外

Dダイマー陰性<500ng/mL(50歳以上は年齢×10ng/mL)

 

治療

・未分化ヘパリン(低分子は保険適応なし)

ヘパリン製剤を5日間使用、その後ワルファリン経口に移行

・Ⅹa阻害薬(フォンダパリヌクス(アリクストラ®))

 

 

 

 

 

 

 

総合診療 2021年11月号 Q&Aで深める「むくみ診断」―正攻法も! 一発診断も! 外来も! 病棟も!

 

 

 

 

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

救急循環器
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました