スポンサーリンク

減圧症

スポンサーリンク

 症状

・減圧症は急速な減圧により気泡が生じるため起こる障害であり、起こる部位によってさまざまな症状・病態を引き起こす。

・掻痒や軽度の疼痛から、神経障害や呼吸循環不全、死に至るまで重症度も様々である。

・Divers Alert Netoworkの2,346例のアンケート調査からの報告によると、疼痛(68%)、しびれ知覚異常(63.4%)、頭痛・吐き・立ちくらみ・疲労感・倦怠感吐き気・嘔吐食欲不振など(40.8%)、めまい(19.4%)など頻度の多い症状から心血管系障害(0.4%)と多岐にわたる。

 

スポンサーリンク

減圧症の分類

障害される組織、重症度により大きく2つに分類される。

I型:軽症例

筋骨格、倦怠感等 局所性

 

II型:重症例

神経障害を伴う、全身性 心肺機能異常、ショック

・呼吸循環器型減圧症(チョークス、 chokes):

肺の血管に気泡塞栓が生じることによる症状

前胸部痛、呼吸困難、ショックなど

・中枢神経型(CNS):重篤な運動麻痺や感覚障害など
・内耳前庭型:めまいや嘔気など

コメント

タイトルとURLをコピーしました