スポンサーリンク

漢方(基礎知識)

「随症治療」の基本

・証は「陰陽」「虚実」「気血水」でみる

陰陽

・陽証とは疾患に対して動員できる体力が優勢であり、必要な熱産生も十分にできる体力がある状態

・陰証とは、動員できる体力が劣り、熱産生が十分にできず、冷えを伴う状態

 

虚実

・虚証とは、疾患に対する生体反応が虚弱であること

・実証とは、疾患に対する生体反応が充実した状態であること

 

血気水

・生体循環要素をいう

・血の異常:菸血、血虚

・気の異常:気逆、気滞、気虚

・水の異常:水滞

 

四診

証を診断するための診察法

1)望診

・視診、患者の顔色や動作などを見る

 

2)聞診

・視覚や嗅覚により情報を収集する

 

3)問診

・病歴と自覚症状の聴取

 

4)切診

・患者に触れて情報を収集する

 

 

総合診療・家庭医療
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました